入眠剤に副作用はある?マイスリーの強さは

春になると、新しい環境や人との出会いなど、時として心に大きな負担がかかることがあります。そんな時に起こりやすいのが、「不眠症」という症状。

不眠症

入眠剤(睡眠導入剤)は、通常処方される睡眠薬と比べれば、短時間しか効果が持続しない薬です。眠気が次の日まで持ち越されなかったり、日中の活動に影響しにくいというメリットがあります。
比較的簡単に処方され、医師や薬剤師も「安全な薬」と説明することから、入眠剤には副作用があまりないと考えている方が多いようです。

入眠剤に副作用はあるの?

結論から書くと、入眠剤にも多くの副作用があります。

また、指示された服用量を無視して、一度にたくさん飲んでしまう。お酒と一緒に飲むなど、使い方を間違えれば、それこそ取り返しのつかない自体になります。

例えば、入眠剤を初めて服用される方に処方されやすい薬に、マイスリーという薬があります。病院では「安全な薬」と説明することが多いのですが、実際に服用している方の声を調べてみると、様々な副作用の問題が見えてきます。

よく勘違いされる方もいらっしゃいますが、たとえ入眠剤とは言え、その成分は睡眠薬や精神安定剤とほとんど変わりません。ふらつきやめまい、翌朝の眠気などには注意が必要です。
あまり頻繁には見られませんが、体質的に入眠剤が合わない方の場合、幻聴や幻覚などの副作用も見られることがあります。

特に注意すべき副作用

特に私が怖いと感じるのは、依存性です。よく、睡眠薬の「中毒症状」などと言いますが、入眠剤にも依存性・習慣性はもちろんあります。
マイスリーなどの入眠剤の場合、依存性などはないと思い込んでいる方がいますし、そのような書き込みをたくさん目にします。

しかし、薬剤師・医師向けの説明文書(添付文書)には、はっきりと依存性・離脱症状があると書かれています。服用される方は、なるべく自分の目で確認されることをおすすめします。
離脱症状というのは、薬をやめようとした時にあらわれる「禁断症状」のことです。入眠剤のように向精神薬に指定されている薬物の禁断症状は、思いのほか深刻です。

不眠症の症状が悪化する。日中の落ち込みがひどくなったり、不安やイライラ、焦燥感が出やすくなる。感情のコントロールがうまくできなくなる。動悸が早くなったり、汗を掻く。幻聴や幻覚など、、様々な異常な症状があらわれることもあります。

離脱症状や依存症は、長期間入眠剤を飲み続けることによって、危険性が高まります。製薬会社の説明文書にも、長期間薬を服用し続けないようにと、はっきりと記述されています。
入眠剤を連続して服用する期間は、長くても2週間程度に抑え、必ず定められた用方・用量を守るようにしましょう。

また、入眠剤に頼らずに、根本的に不眠症を治す努力を怠らないようにしましょう。

睡眠サプリのランキングへ