睡眠導入剤とサプリメント、飲み合わせは大丈夫?

日本国内では、成人の約7.4%以上が睡眠薬(または睡眠導入剤)を服用しているというデータがあります。
この調査がされたのは1997年ということですので、睡眠薬の副作用が軽減され、より抵抗感が薄れている現在では、その割合はもっともっと増えているということが容易に想像できます。

これと同時に、健康志向が高まる中、睡眠薬とサプリメントを併用している方も多いのではないでしょうか。中には、「私が使っているサプリメントは、睡眠薬(睡眠導入剤)と一緒に飲んでも大丈夫なのだろうか?」と考える方もいるかもしれません。

基本的には、サプリメント(=健康補助食品)というのは、あくまで「栄養の補給を補助する食品」という取扱いのされているものです。睡眠薬と一緒に服用したところで、副作用が起こる可能性はほとんどないのが普通です。
ただし、そうは言っても、中には注意すべき飲み合わせや、薬の効果を半減させてしまうような飲み方もあります。

睡眠薬と飲み合わせで注意するサプリメント

睡眠薬とサプリメント

近年、処方薬として特に普及している睡眠薬と言えば、やはりベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬でしょう。
特に、寝つきが悪い方の中には、睡眠導入剤「マイスリー」を服用している方が多いようです。

ハーブ系のサプリメントに要注意!

こうした薬の場合、気をつけるべき飲み合わせは、ハーブ系のサプリメントです。睡眠導入剤を服用されている方の中には、リラックス効果の期待されるバレリアンや、セントジョーンズワートを服用されている方がいます。
これらのサプリメントには、はっきりとした薬効が証明されているわけではありませんが、うつ病などの不安・イライラを抑制する効果があるとされ、特に欧州では現在でも医薬品と同等の効果が期待されています。

注意しなければならないのは、ごく稀に、バレリアンやセントジョーンズワートと、睡眠薬や睡眠導入剤を併用することによって、薬効が増幅される危険性があるとされていることです。
また、抗うつ剤とこれらのサプリメントを併用すると、セロトニン症候群と言われる副作用が起こる可能性も、ごく稀ですが指摘されています。

ten

通常、サプリメントとして摂取されている、ビタミンBビタミンCなどは、むしろ心身の健康を保つ上では良い効果をもたらします。
睡眠ホルモンとも言われるメラトニンや、感情の高ぶりを抑制するセロトニンなども、ビタミンBなど、基本的な栄養成分が必要不可欠です。

過剰摂取は当然よくありませんが、普段の食事で足りない分を摂取するという範囲であれば、健康な睡眠にとっては良いことです。

摂取するタイミングに注意!

しかし、サプリメントを摂取する時間を間違えると、睡眠薬(睡眠導入剤)の効果を減少させる原因にもなります。
気をつけて欲しいのは、どのようなサプリメントにしても、摂取する時間は睡眠薬を服用する時間から、なるべく2時間以上開けて摂取するということです。

睡眠薬とサプリメントを同じタイミングで摂取したり、近い時間で摂取すると、睡眠薬の本来の効果を得られにくくなってしまうからです。
睡眠薬を飲んでも効果が現れにくくなったという方は、サプリメントを摂取する時間と、睡眠薬を摂取する時間が近くなってはいませんか?

睡眠サプリのランキングへ