市販の睡眠薬は本当に効く?市販薬に騙されないで!

「眠れない」という症状だけで病院に行く事には抵抗がある、という方もいるでしょう。この程度のことで、薬を処方してもらうのは気が引ける。それに、何科を受診するべきなのか、イマイチよく分からない、と考えている方も多いようです。

そうした背景もあるからなのか、最近ではドラッグストアなどで販売されている「市販の睡眠薬」が、とてもよく売れています。

言い方はよくありませんが、市販薬の中でも「寝つきをよくする薬」は、ここ数年非常に売れ行きが良く、製薬会社にとって「儲かる」商品となっているわけです。

市販の睡眠薬

市販の睡眠薬は本当に効くの?

私たちがまず気になるのは、市販の睡眠薬でどれほど不眠が解消されるのか?ということでしょう。結論から書けば、市販で販売されている睡眠薬には、強い眠気を促すような効果はありません。

その前に、まず知っておいて欲しいのは、ドラッグストアや薬局で販売されている「ドリエル」「ネオデイ」と言った薬は、睡眠薬ではありません。正式には、睡眠改善薬と呼ばれています。

なぜそんな呼び方にこだわるのかと言うと、睡眠薬と睡眠改善薬では、その効果や成分に雲泥の差があるからです。

睡眠薬は、薬の中でも「向精神薬」という分類に入ります。この意味は非常に大きく、「睡眠薬は麻薬と同等の危険性がありますよ」という事を意味しているのです。
ですから、病院の先生に診察してもらい、処方箋を出して貰わなければ手に入れることはできないのです。

睡眠薬を勝手に販売したり、自分が処方してもらった睡眠薬を人に渡す。こうした行為は、麻薬の密売と同じように罰せられます。ですから、ドラッグストアで睡眠薬が販売されるなんてことは、まず考えられません。

睡眠改善薬の効き目は「プラセボ」?

本題ですが、ではドラッグストアで販売されている市販薬「ドリエル」などの睡眠改善薬は、一体どれほどの効果があるのでしょうか?
率直に言えば、これらに含まれている成分は、風邪薬や酔い止めなどの「眠くなる成分」と、大して差はありません

効き目成分のジフェンヒドラミン塩酸塩は、アレルギー症状をおさえる目的で広く使われていますが、服用により眠気をもよおすという作用があり、ドリエルはそれを応用してつくられました。

出典:エスエス製薬「睡眠改善薬 – ドリエル」

病院で処方される睡眠薬と、市販の睡眠改善薬を比較してみると、あくまで一時的な不眠(例えば、出張時や、一時的な疲れで寝つきがよくない時など)には効果を期待できますが、本格的な不眠症(一週間以上続くような、睡眠の質の低下)の改善には、期待はできないというのが真実でしょう。
むしろ、睡眠改善薬を続けて服用することで、本来の不眠治療が遅れ、余計に症状が悪化してしまうということさえ考えられます。

ではなぜ、市販の睡眠改善薬を服用して「睡眠の質が改善された」という方が多くいるのでしょうか。その理由には、「プラセボ」と呼ばれる隠れた効果の存在があります。

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある。

出典:Wikipedia「偽薬 – 偽薬効果

偽薬効果(プラセボ効果)と聞くと、「効果のない薬を売っているのか」というふうに、悪い印象を持たれるかもしれません。
しかし、プラセボ効果は昔から臨床(医療)の現場でも、治療のひとつとして使われていた立派な治療方法のひとつです。

睡眠改善薬の使い方は、症状による

ここまで読んで頂いた方の中には、睡眠改善薬に効果が期待できないのなら、購入するのはやめようか.. と考えてしまうかもしれませんが、要は使い方次第です。

上述したように、病院で処方される睡眠薬には、向精神薬と同等の依存症・副作用の危険性が隠されています。いくら睡眠薬の安全性が高くなったとは言っても、この事実は変わりません。市販の睡眠改善薬には、よほど体質が合わないなどの理由がなければ、こうした副作用はほとんど考えられないはずです。

睡眠改善薬は、その説明書きにも書かれているように、長期間ではなく突発的な不眠(1日だけの不眠など)には効果が期待できます。
2日以上続けて服用するとなると、ほとんど効果を期待することはできません。そうした市販薬のメリットとデメリットを理解した上で、うまく睡眠改善薬を活用するというのはおすすめできる方法です。

また、最近では睡眠の質を改善するためのサプリメントも、良質な物が販売されるようになりました。こうしたものを上手く活用すれば、根本的に不眠症を改善することができるはずです。

睡眠のサプリメントは、効果的・安全な物を

睡眠サプリのランキングへ