あなたも睡眠薬に依存している?依存度をチェック!

以前、アルコール依存症についての資料を読んでいた頃に、ふと目についた言葉がありました。
依存症の患者さんは、口を揃えてこう言うのだそうです。「私は依存症ではない」と。

アルコール依存性

睡眠薬に関しても、およそ似たような傾向があります。
依存症は、主に麻薬アルコール、そして向精神剤(睡眠薬)においてみられる事の多い症状です。この他にも、薬物という意味ではタバコなども該当します。

これらの依存症は、睡眠薬における依存症とよく似た症状を伴います。あなたは、明日から睡眠薬がなくなっても、毎晩平気でいられるでしょうか?
答えが「いいえ」だとしたら、睡眠薬の依存症、またはその予備軍である可能性は大いにあります。

私の経験や、よくある依存症の症状を加味しながら、依存症のチェックリストを作成してみました。
あくまで私の経験に基づいている話ですので、全てが当てはまるとは言い切れませんが、参考までに確認してみてください。

睡眠薬依存のチェックリスト

依存のチェックをする前に、あなたが服用している睡眠薬が、どのような種類の睡眠薬なのかを知ると良いでしょう。依存しやすい睡眠薬として、ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系など、向精神作用のある睡眠薬が挙げられます。
睡眠薬の一覧から、これらに該当するかどうかを確認してみてください。

それでは、以下が睡眠薬への依存度をチェックするリストです。
該当する項目が多いほど、依存傾向が強いと考えられます。

  • 向精神薬作用のある睡眠薬を、2週間以上続けて服用している。
  • 睡眠薬なしで、ぐっすり寝られる気がしない。
  • どうしても眠れず、1日に定められた用量以上を服用したことがある。
  • アルコールと睡眠薬を一緒に飲んだことがある。
  • 睡眠薬を飲むと、不安感や緊張感が和らぐ気がする。
  • 日中に不安やイライラを感じることが多くなった。
  • 睡眠薬がないと、夜の時間に動悸や強い不安を感じる。
  • 常に睡眠薬を切らさないようにしている。
  • 最初の頃より、睡眠薬の服用量が増えてきている。
  • 徐々に睡眠薬が効かなくなっているような気がする。
  • 服用する睡眠薬の種類が増えている。
  • できればやめたいと考えているのに、やめることができない。
  • 嫌なことがあると、睡眠薬に頼りたくなる。
  • 夜、眠れない事が不安である。
上記のうち、1つでも該当する項目があるという方は、少なくとも睡眠薬に依存している可能性はあると考えておいてください。
また、複数に該当するという方は、さらに注意が必要です。

そもそも、こうした睡眠薬は、短期間で服用をやめる事が本来の使用方法です。
①2週間以上服用し続けていて、②やめようとしてもやめられない、という方は、すでに依存性が形成されている可能性は高いと考えられます。

「依存性がない」という意見

現在の睡眠薬には、依存性がないと主張する医師もおられます。
私自身、そうした言葉を信じて睡眠薬を服用し始めた患者です。
残念ながら、現在主流の睡眠薬である、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、またそれ以外の睡眠薬に、向精神薬と同等の依存性があるという事は、すでに明らかにされている事実です。

睡眠薬の依存症と症状 – 長期間飲み続けるとどうなる?

長期間に渡って睡眠薬を服用しており、やめたいのにやめられないという場合は、問題であると考えるのが普通です。

睡眠サプリのランキングへ