ドリエル・グッスミン – 本当に不眠に効くのはどっち?

「睡眠改善薬」という言葉が聞かれ始めたのは、まだ数年前だっと記憶しています。

睡眠改善薬というのは、睡眠薬睡眠導入剤のように、医師の処方箋が必要な薬とは根本的には異なります。薬局やドラッグストアでも購入できる、一時的な不眠に効果のあるOTC薬(一般用医薬品)のことを、睡眠改善薬と呼びます。

睡眠改善薬と言えば、多くの方がドラッグストアで販売されている「ドリエル」をイメージするのではないでしょうか。似たようなOTC薬として、ネオデイがあります。成分や効果・効能は変わりませんので、ほとんど同じような薬だと考えて間違いありません。

ドリエル
画像:「エスエス製薬 -ドリエル-」

一方、ライオンが独自に開発・発売している「グッスミン 酵母のちから」は、睡眠改善薬というよりは、独自の栄養成分やアミノ酸が含まれたサプリメントです。

グッスミン酵母のちから

画像:「ライオン -グッスミン酵母のちから-」

どちらも、病院で処方される医薬品と比べれば、即効性という面では大きな期待はできませんが、それぞれに利点があります。

おすすめは「グッスミン」

根本的な不眠の改善を期待される場合は、グッスミン 酵母のちからはとてもおすすめです。理由はいくつかあります。
まず、ドリエルのような睡眠改善薬は、メーカーの説明にもある通り、2〜3日以上の使用は、不眠の症状を悪化させるとして、推奨されていません。

元々、ドリエルなどに含まれている成分は、どれも風邪薬などに含まれる、抗ヒスタミン剤と呼ばれる成分を含んだものです。あくまでも、2〜3日程度の不眠なら、こうした睡眠改善薬の力が期待できるかもしれません。

しかし、2〜3回使用しただけで薬への耐性ができてしまい、それ以降はほとんど効果を感じないという問題も起こります。
つまり、根本的な不眠の解消にはあまり効果的ではないと言えます。それどころか、不眠の根本的な改善をしないまま睡眠改善薬に頼っていると、深刻な不眠の症状へと繋がる可能性さえあります。

サプリメントは効果がない?

サプリメントというと、「効果がないもの」というイメージを持っている方も多いでしょう。
しかし、ライオンの「グッスミン 酵母のちから」は、実際に人に対する実験によって、効果が認められた「酵母菌」を独自に抽出した、「機能性表示食品」の認可を取得したサプリメントです。

グッスミン_酵母のちから

グッスミン酵母のちからは、睡眠改善薬や睡眠薬のように、副作用の心配を一切しなくても良いという点でおすすめできるサプリメントです。また、ドリエルは3日分(6錠)で1,080円という価格設定です。
グッスミンは、通常は31日分が5,080円ですが、初回で購入される方は半額の2,450円で購入できます。

「グッスミン酵母のちから」を実際に使ってみた感想などや、半額キャンペーンなどについては、以下の記事の中で説明しています。

 

不眠症は、根本的な対策が必要

不眠の病気に限ったことではないかもしれませんが、どのような病気も、根本的な改善には時間を要します。

眠れない時に短時間で手っ取り早く眠れるようにするには、やはり睡眠薬が一番効果的(即効性が認められる)はずです。睡眠薬(または睡眠導入剤)は、精神安定剤と同様の成分が含まれています。中枢神経に作用することで、まるで麻酔をかけるように確実に眠気を誘います。

ただし、いくら睡眠薬に頼ったところで、あくまで薬が効いている時間に限って眠れるというだけなのです。これでは、根本的な不眠の解消に役立っているとは言えません。
むしろ、薬に頼ることを覚えてしまい、結果的には自然に眠ることを忘れてしまいます。

自然な成分で作られたサプリメントは、そうではなく、必要な栄養成分を補い、根本的に眠れる体質に変えてくれます。
「グッスミン酵母のちから」の場合、実際に客観的に効果があることが実験で検証され、「機能性表示食品」の認証も取得されています。

不眠症の根本的な治療は、生活習慣の改善と、精神面でのケア。そして、睡眠薬・睡眠導入剤に頼りすぎないことも大切です。

睡眠サプリのランキングへ