不眠症の克服は、まずは「考え方」を矯正すること

眠れなければ困る。どうしても眠らなければならない。
不眠症に悩んでいる方は、一様にそのように言います。

この気持ちは本当によく分かります。私自身が、不眠症に悩んでいた張本人だからです。
しかし、こうしたプレッシャー(ストレス)を抱えている人こそ、不眠症に悩む方の特徴なのです。これは、自戒の意味も込めてそう思うのですが、不眠症を治したいのなら、何にも増して考え方を変えることです

目覚まし時計

まずは考え方を変えること

不眠の克服についての話なのに、考え方、、何を言っているのかと言われそうですが、真面目な話しをしているつもりです。
あなたの不眠の原因は、一体どこにあるのでしょうか?真剣に考えたことはありますか?

不眠のほとんどの原因は、ストレスや神経性のもの。そして、生活習慣によるものです。特別な病気を持っているという方は別になりますが、そういう人は実はごく稀です。
もし、あなたが何か心配を抱えていたり、不安やイライラ、不規則な生活や食事が続いているというのなら、不眠症の予備軍と考えられます。

私はそうではないと言いたいかもしれませんが、現代人のほとんど生活は不規則で、不眠の原因となり得るものです。例えば、夜の10時頃からテレビを観始めて、日が変わる頃に眠る。そして、休みの日は昼前まで眠ってしまう。

睡眠時間を削ってまでテレビを観る。そして休日と平日で朝の起床時間が異なる。これは不眠症を助長する生活の典型例です。

まだあります。
あなたは、夜眠れないからと言って昼寝をしたりしていませんか?これも不眠症の方によく見られる不思議な行動です(私もそうでしたから偉そうには言えませんが)。
夜眠れないのなら、昼寝をしてはいけません。誰がなんと言おうと、人間の体は日中に寝てしまうと、その分夜の睡眠の質が落ちてしまいます。
信じられないのなら、自分の睡眠で実験をしてみてください。昼寝をした日と全くしなかった日で、夜の睡眠の満足度を一覧にして記入していくのです。何回か続けてみれば、私の言っている意味が分かるはずです。

眠れる体質は、自分で作り上げる

眠れないのなら、朝は早く起きます。それも毎日欠かさずにです。
何のためにそんな苦行を強いるのか?それは、体を再構築するためです。同じことを毎日繰り返していれば、それだけで体がそのような体質へと変化します。

どんな人でも、毎日同じことを繰り返せば、反復が習慣となり、自動的にそのような体へと作り変えられるのです。つまり、体質を自分で作り上げるということです。
その為には、最初の数週間、数ヶ月は、やはり苦労します。朝起きるのが辛い、日中は眠い、夜は眠れない。これは、今までの体質を変える過程で必ず起こることです。

それでも、その先にあるものを目指して、早起きを続け、昼寝をせずに、夜は眠れなくても早く布団に入ります。単純に続けていれば、自然と身体が変わっていくことが、自分で理解できるはずです。

ストレスへの対処法

ストレス

ここで気をつけるべきことが、ストレスです。
体質は強引に変えることができても、ストレスはそうはいきません。では、ストレスと戦うために何をすれば良いのか?やるべきことは、運動呼吸です。

また、何を言っているのか?と思われたかもしれませんが、これも冗談ではありません。
まず、運動は毎日必ず実行します。歩く、または走る。それも30分ほどです。ポイントは疲れすぎないこと。リラックスできるくらい、ちょっと汗を掻くくらいというのが理想的ですね。

睡眠の研究は世界中で行われています。その、どの研究結果においても、運動は睡眠の質を高めることが分かっています。ほどよい運動は、ストレスを解消させ、代謝を高めます。当たり前のこと過ぎて、誰もが見逃してしまうのですが。

さて、運動はストレス解消に確かな効果があることが分かりました。次に、呼吸と書きました。これが一番理解しづらいかもしれません。
布団に入り、目を閉じ、さあ寝るぞと思っても、、ストレスがこれを邪魔します。

「また眠れない」「また明日がきつい」「やっぱり無理なんだ、、」

ストレスこそ自立神経のスイッチを勝手に切り替え、眠りを邪魔する最も手強い相手です。よく知っておいてください。余計な思考があなたから睡眠を奪っているのです。

しかし、そのストレスはあなた自身です。そうです、思考はあなたが作り出しています。
布団の中でストレスのかかる思考があらわれそうになったら、ゆっくりと呼吸をしてください。そうです。思考が睡眠を邪魔してきたら、ゆっくりと呼吸をするのです。リズムを意識してください

4〜5の数字を頭の中でゆっくりと数えながら息を吸います。「1、2、3、4、、」同様に、同じリズムで息を吐きます。「1、2、3、4、、」。数はしっかりと数えてください。

コツは掴めてきましたか?慣れてくれば、何度か呼吸を繰り返しているうちに、余計な考えやイライラ、不安は全て消えてしまっているのです。
これは訓練です。一度でできるなんて思ってはいけません。1日で完全にできるなんて言っていません。何度も、何日も繰り返しながらコツを掴みます。

諦めないで続けることによって始めて、体質と考え方が腑に落ち、変わっていきます。

私は、この方法で不眠を克服しました。ですから、あなたにも保証します。諦めなければ、ストレスや生活習慣による不眠症は克服できます。睡眠薬も、必ずやめることができます。

睡眠サプリのランキングへ