市販の睡眠薬の選び方 – 安全で賢い選択はコレ!

nemuke

この頃、どうも眠れない。でも病院の睡眠薬は、効果が強い分、副作用がありそうで不安。
それならばと、最近では、市販の睡眠薬を購入したいという方が増えました。

ですが、ご存知でしょうか?実は、日本では睡眠薬は市販されていないのです。

薬局で睡眠薬は買えない?!買えるのは

薬局やドラッグストアの店頭に並んでいるのは、睡眠薬ではなく、睡眠改善薬というものです。

睡眠薬は医師の処方箋なしでは買えない

isyatokusuri

薬には、以下の2種類があります。

  • 医療用医薬品
  • 一般用医薬品(OTC医薬品)

医療用医薬品は、原則として、病院の医師が出す処方箋をもとに、処方箋を取り扱っている薬局で購入することができる薬です。中でも、必ず処方箋が必要なものを処方箋医薬品と言います。
一方、一般用医薬品(OTC医薬品)は、一般の薬局やドラッグストアの店頭で購入することができます。

睡眠薬は処方箋医薬品ですので、医師の処方箋がないと、どこの薬局でも売ってくれません。
一方、睡眠改善薬は一般用医薬品(OTC医薬品)ですので、薬局やドラッグストア、インターネットでも購入することができます。

ネットで売られている睡眠薬は危険!

睡眠薬のインターネット通販

睡眠薬は一般の消費者向けには市販されていませんが、実際インターネットで検索すると、様々な睡眠薬の購入サイトがあります。処方箋医薬品である睡眠薬は、薬局でも買えないのにもかかわらずです。

実は、こういった購入サイトで販売されているのは、海外製の睡眠薬です。たとえ、日本の病院で使われている薬と同じと言っていても、たとえ、箱に日本語で記載されていてもです。
これらの購入サイトは、個人輸入代行、つまり、あなたが個人輸入するのをお手伝いします。というような形態をとっています。

ここで注意したいのは、大きく2点。

  • 海外製ゆえの危険性
  • 責任の所在はあなたに

海外製の薬は、日本国内で認められていない成分を含んでいることがあります。また、日本の薬とまったく同じ成分であっても、製造の基準が日本とは違っているため、不純物が混じっていたり、成分の分量が大幅に違っていることもあります。このような薬を使うことは、どんな副作用が起こるか分かりませんし、大変危険です。

また、あくまでも個人輸入のお手伝いですから、責任の所在はあなた自身にあります。つまり、もし服用後に重大な副作用が現れても、購入者であるあなた自身の問題であり、購入サイトも、販売している海外の会社も、もちろん日本の厚生労働省も、誰も責任を取ってくれないのです。

ですから、睡眠薬を購入したいからと、安易にインターネットで購入するのは決しておすすめできることではありません。それなら、薬局やドラッグストアで購入できる、睡眠改善薬を試してみませんか?

市販されている睡眠改善薬ってどんなもの?

睡眠薬

睡眠改善薬は、風邪薬の中にも含まれている、眠くなる成分を主成分とする睡眠をサポートするための薬です。2016年8月現在、11種類の睡眠改善薬があり、これらは薬局やドラッグストアで購入することができます。

では、もう少し睡眠改善薬について知っていただくために、睡眠薬と比較しながら、解説してみましょう。

睡眠薬と睡眠改善薬の違い

まず、作用機序(作用メカニズム)が違います。睡眠改善薬は、眠くなる成分ジフェンヒドラミンが脳の覚醒を抑えることで眠気を促します。一方、睡眠薬は、脳の中枢神経に作用して、鎮静催眠作用と抗不安作用によって眠気を促します。

その結果、効果にも違いが出てきます。睡眠改善薬は、緩やかに眠気を誘うため、効果はそれほど強くありません。一方、睡眠薬は、短いものでは服用後30分程度で、激しい眠気に襲われます。

もちろん、副作用にも違いがあります。睡眠改善薬は、眠気や夢を見る、頭痛などの症状が現れることがあります。一方、睡眠薬は、眠気やめまい・ふらつき、頭痛の他、もうろうとしたり、一時的に健忘(記憶障害)が起こることがあります。

依存症はある?ない?

最後に、睡眠薬に対してかなり多くの方が持っているであろう「止められなくなる」ことへの不安です。睡眠改善薬は、使用が2~3日に限られていることもあり、正しい使用方法を守っている限り、依存の心配はほとんど必要ないでしょう。一方、睡眠薬は、比較的依存しやすく、止めようとすると離脱症状が起こったりして、止めるのが難しい薬です。

以上、簡単に睡眠薬と睡眠改善薬について、その違いを比較してみました。睡眠改善薬について、少し理解を深めていただけたのではないかと思います。
では、現在販売されている11種類の中で、最もおすすめはどれなのでしょう?

睡眠改善薬でおすすめは

清酒酵母の深い眠り

睡眠改善薬でおすすめの商品は、全部です。
と言うのは、これらはすべて、同じ主成分からできていて、錠剤かカプセル剤かの違いはあれ、ほとんど同じだからなのです。

睡眠改善薬について、もっとお知りになりたい方は、以下の記事もご覧ください。

このように、比較的安全な睡眠改善薬ですが、もし不眠の症状が軽いものなら、他にも、漢方薬サプリメントを利用するという方法もあります。

漢方薬は、症状や体質に合わせて処方されるものですので、効果が得られやすく、副作用の心配も少ないとして、近年人気です。病院で処方してもらうこともできますが、薬局でも購入できます。

また、サプリメントは、睡眠に欠かせないメラトニンの材料となるトリプトファンを補うものや、ハーブの成分を利用してリラックス効果を高めるものなどがあります。サプリメントも、副作用が起こりにくく人気の商品です。薬局・ドラッグストアやインターネットで購入することができます。

漢方薬やサプリメントについては、以下の記事でもご紹介しています。

睡眠サプリのランキングへ