お腹が空いて寝れない時.. 食べずにぐっすり眠れる方法

寝れない理由は人それぞれですが、お腹が空いて寝れないのは全然不思議なことではありません。
ダイエットを実践している方、胃腸の健康のために食事を制限し始めた方など、夜の時間に食べないことに慣れていない時期は、少なからず通る道です。

お腹が減る

インターネットで検索をしてみると「代わりにカロリーの低いものを食べると良い」「スープ系のものなら大丈夫」といった情報を頻繁に見かけます。

厳しいように聞こえるかもしれませんが、カロリーが低くかろうが、固形物にしろ流動食だろうが、夜の時間に食べ物を入れる行為そのものが良くありません
いずれにしても、夜の時間に食べてしまっては全く意味がないのです。

ダイエットをするにしても、胃腸を健康に保つためにも、また、精神的な健康の維持、不眠症を改善するためにも、例外なく夕食後に食べ物を口にしてはいけません。特に、肥満気味の方は要注意です。夕食後に食べることに慣れてしまうと、それが癖になってしまいます。

また、就寝の直前に食べることは、胃腸の運動を活発にさせてしまいます。そのことが、深い睡眠を妨げ、高血圧やさらなる肥満の原因を作り出してしまいます。

深い眠りが得られることで、脂肪の分解がスムーズに行われ、自然と痩せられるということにもなります。
すなわち、睡眠の質が良くなれば、肥満の予防や改善に繋がるというわけです。

出展:高血圧の原因となる肥満 – 実は睡眠に問題があった?

夜の時間に味の濃いものや甘いものを食べたいと感じるのは、あなたがそうした行為に慣れていてしまっているからです。

必要以上に濃いもの、甘いものを脳が”欲しがる”のは、低次元の欲求を満たすためであり、ストレスを解消させるためでもあります。
日頃、何かしらのストレスを感じてるという方、心当たりはないでしょうか?
特に甘いものは、脳内のドーパミン神経に、快楽の感情を作り出します。

過食が増えただけでなく、疲労感が強い、怒リっぽくなった、いくら寝ても眠い、などの症状が月経前の一定期間以外にもあるときは、過食の背後にうつが潜んでいるかも。

従来型のうつでは、食欲不振や不眠、朝は気分が落ちこむ……といった症状が知られるが、「最近は過食を伴う“非定型うつ”が若い女性を中心に増えている」と赤坂クリニック(東京都港区)の貝谷久宣理事長。

出典:「ストレス食い・過食対策 – 日経ヘルス 2011・11 p50-53」

夕食をしっかりと食べているにも関わらず、急激に起きる空腹感。それは、ストレスを解消させるために、脳が引き起こしている錯覚なのかもしれません。

あなたが抱えているのは、本当に空腹感でしょうか?
もしかすると、味付けの濃いもの、甘いものをとにかく口に入れて、欲望を落ち着かせたいだけなのではないでしょうか。

認めたくはないでしょうが、夕食後に胃の中が空っぽで、本当に空腹感を感じるなんて方は、ほとんどいないのが事実です。
味覚を通して欲望を一時的に満足させたいために、脳が作り出す錯覚に過ぎません。
甘いものにしろ、塩辛いものにしろ、そうした化学調味料には依存性があります。私たちは普段からそうした物を好んで食べている、そして、そうした味に脳が惹きつけられているという事実を忘れてはいけません。

お腹が空いて寝れない時、食べずに過ごすには

どうしても眠れないからと言って、我慢できずに食べてしまっていては、いつまで経っても不健康な生活習慣、不健全な精神状態から抜け出すことはできません。

それでも、空腹がどうしても気になってしまうという時は、以下のことを試してみてください。

  1. とにかく水を沢山飲む。
  2. 歯磨きをする。
  3. 氷を口の中に入れる。

順番としては、まずは1を実践し、それでもダメなら2、3というふうにやっていきます。

水を飲むことは、何かを食べる事に比べればよっぽど良いです。むしろ、胃腸の中をクリーンにしてくれるため、翌朝の胃腸の調子が良くなる効果も期待できます。
ほとんどの場合、空腹感は水を一気に飲み干すとだいぶ軽減されます。私も最初の頃は、この方法でうまくいきました。

かと言って、夜の時間の飲み過ぎはよくありません。夜間頻尿の原因となり、深夜に中途覚醒(目が覚める)を引き起こしてしまいます。
なるべくなら、コップ2〜3杯で我慢できると良いのですが。

歯磨きなどで口の中に刺激を与えると、それだけで脳が刺激を感じ取り、空腹感が紛れるということも明らかになっています。これと同じ原理で、空腹が我慢できない時は、氷を口の中に入れることも効果的です。
ただし、寝る前に体を冷やしてしまうことは明らかですから、これも適度な量に抑えなければいけません。

夜、食べることがどれだけ不健康か

不健康

色々と書いてきましたが、私も不眠症や身体の倦怠感、体重の増加に悩んでいた頃は、夜の時間にとにかく塩辛いものを好んで食べていました。
お腹が空いたからと、わざわざ布団から起き出し、台所でカップ麺などを探して食べていた時期さえあるのです。。

しかし、今はそんな行動は絶対にしません。なぜでしょうか?
それが、どれだけ体の負担になり、続けることで心身を不健康にするかが、実感として分かってしまったからです。ですから、夜中に美味しそうなラーメンが目の前にあっても、体が受け付けないのです。

2〜3年前なら、信じられなかった変化です。

寝る3時間前に健康的な食事を終わらせ、それ以降は食べない。これを3ヶ月くらい続けるだけで、朝の体の調子が良くなり、体重も減り、体は引き締まります。
倦怠感がなくなり、仕事にもメリハリがつくようになります。これだけでも、続ける価値のあることです。

もちろん、最初の頃は空腹感と戦う難しさに心が折れそうになります。しかし、3ヶ月も続ければ夜の時間に食べること自体に違和感を覚えるようになります。

それ以外でも、過度な甘いもの、辛いものを日頃から避けるようになり、色んなことがうまく回るようになります。
実践していけば、特に精神面でのイライラや不安感さえも大幅に改善されることに、あなた自身も驚くはずです。

これだけでも、夜の空腹感を我慢してみようという気になりませんか?

睡眠サプリのランキングへ