仕事のストレスで眠れない.. よく眠るためにできること

夜になり、布団に入ると考えたくもない仕事のことを考え始めてしまう。途端に暗い気持ちが胸の中を覆い、考えれば考えるほど不安で眠れなくなってしまう。

眠れない

ストレスで眠れないという人の多くが、仕事上の人間関係やプレッシャー、忙しさを原因に挙げています。あなたは、自分が眠れない本当の原因を知っていますか?

もしその原因が、毎日の仕事のストレスにあるとしたら、一体どうすれば眠れない症状を改善することができるのでしょうか。

仕事のストレスで眠れない時は

仕事が原因で、不眠やストレスに悩んでいるからと言って、簡単に転職をするなんて、ほとんどの人はできるはずもないでしょう。しかし、日々の生活の中にリラックスして眠るための方法を取り入れることは、努力次第ではできるはずです。

一度に全ての方法を実践することは難しいかもしれません。
以下に紹介する方法の中から、一つでも自分の生活に違和感なく取り入れられる方法を、できるだけ続けて取り組んでみてください。

ぐっすり眠る、入浴の方法

まず、手軽にできるリラックス法と言えば、入浴の方法を変えることです。寝る前のお風呂の入り方を変えるだけでも、神経過敏を抑制し、自律神経の働きを睡眠に最適な状態にすることができます。

お湯はぬるめ、理想は20分!

あまり熱すぎるお湯に浸かっていると、神経は覚醒してしまいます。理想的な温度は、少しぬるめに感じる38度前後です。
長すぎる入浴も、おすすめはできません。20分くらい浸かったらお風呂から上がり、しっかりと水分を補給しましょう。

リラックスできる「香り」をプラス

においの効果も、リラックスにとって良い働きをします。お気に入りのアロマオイルをバスタブに数滴垂らすだけで、気分がリラックスします。
睡眠に効果があると言われる代表的なアロマも、以下にご紹介しておきましょう。

  • ラベンダー
    睡眠にとって効果的な、最も有名なオイルです。鎮静効果が高く、リラックスして眠りが深くなるだけでなく、翌朝もスッキリと目覚めることができるとされています。
  • カモミール
    甘い香りで、穏やかな気持ちを誘います。特に気分が不安定な時に、香りの効果だけでなく、ハーブティーとしても効果的です。

特に、疲れている夜はシャワーではなくしっかりと湯船に浸かることが大切です。
それから、アロマはお風呂の中だけではなく、眠りにつく時間に専用の電気ポットなどを使用して、寝室で香りを楽しむことも効果的です。

体を動かす習慣を、継続する

ストレスや不安を溜め込む大きな原因のひとつに、運動量が足りないという事も挙げられます。また、ご存知の通り、体を動かさなければ良質な睡眠をとることはできません。
いずれにしても、ぐっすり眠り、健康に過ごすためには、毎日の運動は欠かせないのです。

睡眠と運動

本格的に体を動かす

お金が勿体無い、と考えるかもしれませんが、スポーツジムなどに契約して通うことはとても効果的です。
普段は使わない筋肉をしっかりと動かせます。お金を払っている分、途中で投げ出す可能性も少なくなりますし、最近では夜遅くまで開いているジムもたくさんありますから、会社帰りなどに通うことでその日のストレスをその日のうちに解消することができます。

毎日続けられる運動を

無理をしてジムに通わなくても、毎日のジョギングやウォーキングは、一人でも無理なく続けられます。その割、継続して行えば必ず効果を得られます。
ストレスで眠れないという人は、忙しくても毎日継続して「手軽にできること」から始めてみてください。

「人と話すこと」が大切

最後に、ストレスを溜めずに毎日を乗り切るための、当前と言えば当前の方法として、「人と話すこと」をお勧めします。
もちろん、話していてストレスになるような人と無理に話す必要は全くありません。逆効果です。
そうではなく、気を遣わずに話せる家族や友人と会話をする時間を持つことです。

毎日が無理でも、数日に一回は気のおけない人と会話を楽しむだけで、ストレスはぐんと減らすことができます。
趣味や楽しみを見つけ、そうした仲間と、仕事とは全く異なる次元の話で盛り上がれると、更に効果的です。

休日に誰とも話さず、家に閉じ籠りきりになってしまうことは、精神にとって当前良くありません。楽しみを見つけ、健康に生活するという事は、良い睡眠にとってなくてはならないものなのです。

睡眠サプリのランキングへ