睡眠薬は飲まない方がいい – 薬が不眠を作る理由

不眠症の民間療法

最近は、薬に頼らない健康法というものが至るところで見られるようになりました。薬に頼らない健康法というのは、なるべく自然な方法で病気を治そうという試みのことですね。
例えば、ヨガマクロビオティックといった、一般にも広く知られている健康法も、自然に病気を治療したり、予防する方法の一つです。他にも様々な民間療法があり、書店に行けば関連の書籍も沢山発売されています。

今ではこうした方法を否定できる人は、ほとんどいないでしょう。事実、これらによって病気が治ったり、健康的に過ごしている方が多くいらっしゃるからです。
一方、ちょっとした不調でも病院に行き、薬を処方してもらうという方もいらっしゃるかもしれません。でも身体のことを思えば、あまり薬は飲まない方が良いでしょう。

最近多い不眠症の方にも同じことが言えます。もし、睡眠薬に頼らなくても眠れるようになればそれに越したことはないのです。
その理由をご説明しましょう。

睡眠薬を飲まないに越したことはない

ぐっすり眠る女性

睡眠というものは、健康な身体と精神を作る上でなくてはならないものです。
人間の脳には元々「自然に眠る力」が備わっているものです。しかし、日常で感じるストレスや生活の乱れによって、人間が本来持っている自然に眠る力が鈍ってしまいます。

睡眠は、神経がリラックスした状態に切り替わることで自然に引き起こされる現象です。しかし、何らかの理由で緊張やストレスを抱えていると、この切り替わりが自然に行われなくなるのです。
こうして不眠などの睡眠障害が長く続いたり、症状がひどくなったりして病院に行くと、ほとんどの場合睡眠薬が処方されます。

睡眠薬は、脳の中枢神経に作用して無理やりリラックス状態を作り出します。その結果眠れるようになるわけです。
しかし、睡眠薬の成分は、基本的には抗うつ剤や精神安定剤と同じもので、睡眠薬にもこれらの薬で見られる副作用と同じような症状が起こる可能性もあるのです。

だからこそ、睡眠薬は飲まないに越したことはないのです。

睡眠薬が不眠を作り出す?

睡眠薬

睡眠薬で起こり得る副作用にはどのようなものがあるのでしょうか?
簡単に言うと、自然に眠る力を失ってしまいます。

依存性

睡眠薬を長く服用していると、もう睡眠薬なしでは眠ることができないと思い込んでしまって、睡眠薬を止められなくなることがあります。精神的に依存してしまっている状態です。

反跳性作用

また、睡眠薬の服用を止めると、睡眠薬を飲む前よりも不眠の症状がひどくなってしまうことがあります。反跳性(はんちょうせい)作用と言って、突然止めることによって反作用(副作用)が起こるのです。

離脱症状

さらには、離脱(りだつ)症状と言って、強い不安感よりひどい不眠症状を生じる場合もあります。

こういった症状は、睡眠薬を長く使用しているほど、または多量に使用しているほど起こりやすいと言われています。

睡眠薬の具体的な副作用についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

睡眠薬に頼らないために

睡眠薬に頼らず、自然に健康的に眠りにつくための一つの手段として、サプリメントがあります。

最近では、根本的に不眠の症状を改善できる自然の成分からできたサプリメントは、大変人気です。こういった商品は、副作用の心配の必要がありませんから、自信を持っておすすめできます。

もし、不眠に悩んでいる、すでに睡眠薬を使っているけど睡眠薬なしでも眠れるようになりたいと思っているなら、今がチャンスです。
1日も早く、より自然な眠りを手に入れてください。

睡眠サプリのランキングへ