睡眠薬を個人輸入代行で買うのは危険!輸入品に潜む危険性

睡眠改善薬、睡眠補助薬

睡眠薬や睡眠導入剤を、インターネットで購入しても大丈夫ですか?
そんな質問をされる方がいますが、私の個人的見解としては「とても危険ですので、止めておいた方がいい」と思います。

最近では通販で医薬品を購入できるようになりましたが、購入する医薬品の効果だけでなくその副作用も良く知った上で、もっと言うなら製造している会社のことも知った上で購入した方が、安心なのではないでしょうか。

個人輸入で医薬品を仕入れることの最大のリスク

lgf01a201410152100

インターネットで購入できる手軽さから、海外の睡眠薬や睡眠導入剤を、個人輸入の代行業者から購入する方は多いようです。しかし、個人輸入代行は日本では違法ですから、くれぐれも気を付けて下さい。

この個人輸入代行業者の違法性については、厚生労働省からも発表されています。

最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。

しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。

こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

出典:厚生労働省 – 医薬品等の個人輸入に関するQ&A

つまり、個人輸入代行業者から購入した睡眠薬や睡眠導入剤、または抗うつ剤などにより、もし健康被害があったとしても、販売した業者が責任をとることはないのです。
その上、もし健康面や金銭面などのトラブルが生じても、日本の行政機関も、海外の販売者や製造メーカーも、賠償を追う責任はないのです。

それは、購入した医薬品が日本の薬事法で禁止されている医薬品であるためで、全面的な責任は購入した人にあるとみなされるのです。これが、最大の問題と言えるでしょう。

では、インターネットで個人輸入代行業者から販売されている医薬品やサプリメントには、具体的にどのような問題があるのでしょう?

輸入品の睡眠薬・サプリメントの品質問題

lgf01a201412240000

あまり報じられていませんが、実際には輸入品の医薬品やサプリメントが原因で、様々な問題が起こっています。

以下に、ある新聞記事をご紹介します。

偽造品・使用期限切れ・表記の誤り..

金沢大の木村和子教授(国際保健薬学)は06年から、ネットの代行業者を介して薬を買い、調査している。年30程度のサイトから、ダイエット薬、抗うつ薬、緊急避妊薬、ED治療薬などを買って分析してきた。

調査で浮き彫りになったのは、説明書が不正確使用期限切れなど保健衛生上の問題のほか、どの国も承認していない無評価薬や偽造薬の販売が横行している実態だ。

木村教授は「薬の輸入代行業には国際的な規制もなく野放し状態で、一般の人が利用するのは危険。特に日本人は偽造薬の問題や薬のリスクに対して無防備なところがあり、啓発や教育が必要だ」と指摘する。

「健康食品」として売られていても、薬の成分が入っている場合がある。厚労省が12年度に調べた109製品のうち56製品から医薬品成分が検出された。

出典:読売新聞の医療サイト – ヨミドクター

上記のニュース記事は、個人輸入代行の薬が引き起こす問題点が、簡潔にまとめられていますね。

  • 使用期限切れのものが混じっている。
  • 無評価薬(安全性の確認ができていないもの)が販売されている。
  • 大手製薬会社の偽造品が販売されている。
  • 健康食品と表記されていたにも関わらず、医薬品の成分が含まれている。
「まさか、そんなはずは..」と思った方も多いかもしれません。しかし、個人輸入代行の薬は、薬事法の非常にグレーな部分をついた「犯罪の温床」とまで言われている商売なのです。

「ホームページがしっかりしているから、ここは大丈夫だろう。。」そう考えるのは危険です。近年の個人輸入代行業者のウェブサイトは、大手企業かと見間違う程とてもしっかりとしているのです。

では、睡眠薬や睡眠導入剤、睡眠改善のサプリメントを使用したい場合は、どうするのが良いのでしょう?

睡眠薬や睡眠導入剤、睡眠改善薬の使用は適切に

医者の説明

第一に、医薬品は医師に適切に処方してもらいましょう。

第二に、睡眠薬や睡眠導入剤は医薬品であることをよく理解しましょう。
これらは、向精神薬(こうせいしんやく)に分類される成分を含んでおり、飲み方をちょっと誤っただけでも重篤(じゅうとく)な副作用を引き起こします。使い方によっては、麻薬と同じように強い依存症を引き起こすのです。
また、睡眠薬によっては、一度使い始めると薬を止める際に離脱症状と呼ばれる強い副作用を引き起こすこともあります。

安易に睡眠薬に頼ってはいけない、睡眠薬は医師の処方が必要と言われるのは、このような理由があるからなのです。

第三に、睡眠改善薬は、医薬品に比べると効能・効果が若干劣ると言われています。短期間使用しただけで、効果を感じることがほとんどなくなってしまう..という、デメリットがあるとされているのです。

サプリメントは日本製で安全性が確認されたものを

ここまで読まれて、睡眠の質を高めるサプリメントを使用することに対して恐怖感を抱いてしまった方がいらっしゃるかもしれません。ですが、ぜひ続きもお読みになってください。

確かに、先ほど書いたように海外で製造されたサプリメントの場合、偽造品や医薬品の成分が混入されているなど、副作用の危険性を大いにはらんでいると言えるでしょう。

しかし、日本のメーカーが製造している、日本製のサプリメントの場合、しっかりと国内の薬事法・安全基準に沿って作られているのが通常です。
また、そのような睡眠の質を改善するサプリメントには、睡眠薬のような副作用のリスクがありません。上手に活用すれば、根本的に体質を改善し、睡眠の質を高める手助けをしてくれます。

最近では、質の高い天然の成分をバランス良く配合した、日本製の睡眠改善サプリメントに注目が集まっています。
こうしたサプリメントなら、積極的に活用してみたいですよね。

安全な、おすすめの睡眠サプリメントについては、以下で詳しく説明しています。

睡眠サプリのランキングへ