睡眠薬とメラトニン(サプリメント)の併用

睡眠ホルモンメラトニン

「メラトニン」は神経ホルモンの一つで、人間の脳の中で夜間に分泌される物質です。
メラトニンは、睡眠のリズムが乱れてしまった人の体内時計を、正常に戻す働きをしてくれます。つまり、メラトニンが分泌されると、人間の体は睡眠に最適な状態へと導かれるのです。
ここから、メラトニンを「睡眠ホルモン」と呼ぶのが一般的になりました。

メラトニンのサプリメントと睡眠薬を併用しても良い?

睡眠についての悩みを持つ方が多い現代では、メラトニンを効率的に増やすための「サプリメント」も販売されるようになりました。

そこで良く聞かれる疑問が、「メラトニンのサプリメントと睡眠薬を併用しても良いのか」ということです。
結論から書けば、ほとんどの場合、メラトニンのサプリメントと睡眠薬を併用しても、問題になることはありません。メラトニンが作用する場所は、睡眠薬が作用する神経の場所とは異なるからです。

もう一つの理由は、私たちの普段の食事の中にも、メラトニンの材料となる物質「トリプトファン」が含まれているからです。
日中に太陽の光を浴びたり運動をすることによって、トリプトファンは「セロトニン」という物質に変換されます。さらにセロトニンは、夜の時間になると、睡眠ホルモンであるメラトニンへと合成されるのです。

トリプトファン_セロトニン

つまり、メラトニンは私たちの身体の中で自然に作り出される睡眠物質であり、睡眠薬のように化学的に神経に作用するものとは性質が異なるのです。
ですから、睡眠薬とメラトニンのサプリメントを併用したところで、何か大きな問題が起きるというのは考えにくいわけです。

メラトニンのサプリメントは日本製がおすすめ

もし、メラトニンのサプリメントを試したいと思われるなら、国産のものがおすすめです。
日本製のサプリメントの場合、化学的な成分が含まれていることはまず考えられないからです。つまり、日本製のサプリメントは、自然の成分から作られていて身体に優しいのです。

しかし、海外製のメラトニンのサプリメントは少し事情が異なります。海外製のサプリメントには、化学的な成分が入っていることもあれば、ブタから抽出されたメラトニン(ホルモン)を錠剤にしているものもあるのです。

日本国内では、ホルモン物質をサプリメントとして販売すること自体、副作用の観点から禁止されています。ホルモン物質の直接摂取に副作用の可能性があるなら、海外製のブタから抽出されたメラトニンを含むサプリメントにも十分副作用の可能性があるということになります。

しかも、万が一こうした海外のサプリメントを服用して健康被害が起きても、日本ではどうしようもないというのが現実です。購入した方の自己責任になってしまうのです。

サプリメント

ですから、メラトニンを増やすサプリメントを購入するのなら、安全な国産のサプリメントがおすすめなのです。

メラトニンのサプリメントの選び方と、おすすめのメラトニンサプリメントについては、以下の記事をご覧ください。

睡眠サプリのランキングへ