精神生理性不眠の治療法 – 自分で治すための方法は

眠れないことで困っているという方に多く見られる症状に、精神生理性不眠症と呼ばれる症状があります。精神生理性不眠症とは、分かりやすく言えば、眠れないことにこだわりすぎるあまり、余計に眠れなくなってしまう不眠症の症状のひとつです。

眠らなければいけない時間が近ずくに従って、「今日も眠れないのではないか」「また夜中に目が醒めてしまうのではないか..」といった、睡眠についての不安や恐怖感が頭を巡り、余計に不眠症の症状を悪化させてしまうのです。

精神生理性不眠症とは

精神生理性不眠症の治療法は?自分で治せる?

精神生理性不眠症を発症する方達の中には、人一倍睡眠に対するこだわりが強かったり、多少神経質な性格の方が多くいらっしゃいます。
気をつけなければいけないのは、軽度のうつ病や不安神経症を併発している場合です。

不眠症は、放置しておくとうつ病などの心の病を引き起こす危険性が十分にあります。ご自分では気付かなかったとしても、長く続く不眠の根本には、もしかすると心の病が隠れている可能性もあるという事を、十分に認識しておくべきです。

うつ病や神経症の可能性が考えられる場合、自分一人でこの症状を克服することは困難です。極端な気分の落ち込みなど、心当たりのある方は、なるべく心療内科や精神科、睡眠の専門外来で治療してもらうことをお勧めします。

薬を使わない「根本治療」

精神生理性不眠症は、病院で診察を受けた場合、治療法として投薬治療を提案されるのが一般的です。
睡眠薬は、一定期間服用することで、「眠れない」という固定観念を解消させ、夜の時間に眠るということを体に固定させることを目的としています。
場合によっては、眠れないことへの恐怖感を克服するために、精神安定剤(抗うつ剤)が処方される場合もあります。

睡眠薬・精神安定剤のいずれにしても、薬に対して抵抗のある方にとっては、多少の不信感や、不安感があるのは当然のことだと思います。
副作用や依存症が気になる方は、なるべく薬を使わないで済む治療方法を医師に尋ねてみると良いでしょう。

また、精神生理性不眠症は、心の状態や睡眠時の「環境」に大きく左右される病気です。この事を理解し、生活環境を改善することによって、根本的な治療に繋がる場合があります。

自分で治すための方法は

はじめの方にも説明した通り、精神生理性不眠症の症状は「眠れない」ことへのこだわりが強過ぎることで発症する症状です。
おかしな話に聞こえるかもしれませんが、睡眠へのこだわりを無くすことが、この症状を克服する鍵になるのです。そのためのポイントがいくつかあるので、ご紹介しておきましょう。

  1. 睡眠不足を補う「昼寝」は禁物
  2. 「疲れているから」と考え、動かないのは逆効果
  3. 「運動療法」が効果的
  4. やり甲斐や趣味を持つことが大切

順番に説明します。

まず、精神生理性不眠の誤った対処法のひとつが、夜にしっかり眠れなかったからという理由で、昼間に仮眠をとったり、朝は遅くまで眠ってしまうことです。
睡眠時間が短かったのだから、その分をどこかで取り戻そう。ずっと起きていると身体がきついと考える気持ちはよく分かります。しかし、昼間に多少なりとも睡眠時間を確保すれば、その分夜は眠りにくくなります。

同様に、睡眠時間が短かかったから、昼間はなるべく動かないようにしよう、と考えるのも間違った考えです。
動くと余計に疲れるから、という考え方は理解できますが、日中の運動量が減れば、余計に夜は眠れなくなってしまいます。

いずれも、精神生理性不眠症にとっては症状を悪化させる大きな原因となるわけです。前日の睡眠時間が少なくても、多少無理をして昼間に活動をした方が、夜の寝つきは良くなるのです。

運動療法と日々の楽しみ

運動療法

様々な場所で言われていることですが、運動は毎日の睡眠の質を高めるためにはとっておきの方法です。
ウォーキングやランニングでも良いですし、毎朝のラジオ体操やテニスなどの趣味的な運動でも良いです。とにかく、なるべく毎日続けられる運動をすることが、精神生理性不眠症の解消には有効です。

また、毎日夢中になれるような楽しみを見つけることも、精神生理性不眠症のような症状には、特効薬となります。趣味や楽しみは、眠れないことへの強いこだわりを和らげてくれますし、過度なストレスを緩和してくれる役割もあります。
日中に楽しみがあれば、昼寝もしなくて済むでしょうし、その為に早起きをしようと考えることもできます。

極端に言えば、精神生理性不眠症は、あなた自身の生活の質を高めることで解消できる病気なのです。
生活リズムを整え、精神的にも身体的にも健全でいれば、精神生理性不眠症のような病気にかかることは、まずありません。

こう書くと、一体何から手を付ければ良いのか分からなくなってしまいそうですが、まずは毎日の運動から始めてみると良いでしょう。
1日や2日で全てが改善されることはありませんが、1ヶ月、3ヶ月と続けるに従って、根本的に睡眠の質が改善されることに、きっと驚くはずです。

睡眠サプリのランキングへ