出張先のホテルで眠れない時 – 手軽な対処法は?

「枕が変わると眠れない」とはよく言いますが、出張先や旅先のホテルでは、環境の変化によって眠れなくなる人が多いようです。

これは、いつもと違う枕、匂い、部屋の雰囲気などの違和感が、気持ちに緊張感をもたらすためです。「明日は朝早くから大事な打ち合わせがあるから、早く寝よう」といったプレッシャーが加わると、余計に眠れなければ焦りますよね。

では、出張先など環境が変わっても、快適に眠るためにはどうしたらいいのでしょう?

出張先のホテルでも「ぐっすり」眠れる方法

環境の変化に関係なく、ぐっすり眠るためには、普段から自分なりの「入眠儀式」を見つけておくことが大事です。

儀式といっても大げさな事ではなく、何処でも簡単にできて、旅先など環境が違う場所でも手軽にできることがいいですね。
例えば、眠りにつきやすい香りを使ったアロマオイルや、安眠しやすいリラックス音楽を聴く、ハーブティーを飲む、ヨガやストレッチをするなどがあります。

特殊な道具などを必要としないもので、毎晩寝る前に簡単にできることを見つけておくといいでしょう。
そうすると、出張や旅先でも普段の入眠儀式を行うことで、いつもと同じ安心感を得ることができるので、心地よく眠りにつくことができます。
また、毎日の習慣にすることで、眠りに付くまでの時間を短縮する作用があるのです。

快眠できるパジャマの選び方

パジャマ

出張先で宿泊するホテルや旅館では、だいたい浴衣が用意されているところが多いです。しかし、浴衣は寝返りがしにくく、寝ている間にはだけてしまい、起きたらお腹が丸出しになっていた、ということもよくありますよね。
出張の際は、多少荷物になっても、普段着ているパジャマを持参するのがいいでしょう。

普段から、パジャマも睡眠に良いものを選んで愛用すると、快眠効果が高まります。
よく、部屋着として着ているジャージをそのまま寝間着にしている人がいますが、これはおすすめできません。
ジャージは、主にポリエステルなどの合成繊維の素材でできています。このような素材は吸湿性や防湿性が悪いので、パジャマ向きではありません。

寝るときのパジャマは、肌触りがよく、吸湿性や防湿性、保温性に優れた素材を選ぶことをおすすめします。
また、毎日着用するものなので、洗濯のしやすい軽い素材がいいでしょう。

サイズ的には、あまりピッタリとフィットしたものよりも、少し大きいくらいのゆったりとしたものの方が、カラダの緊張もなく眠りやすいので、ゆったりと眠りにつくことができるでしょう。

また、最近ではリラックスして寝つきを良くするためのサプリメントも人気です。サプリメントには、睡眠薬のような副作用はありません。大事な出張中など、どうしても眠れなければ困る時には、特におすすめです。

睡眠の質を高めるサプリメント – 実力派!

睡眠サプリのランキングへ