寝つきを良くする薬 – 市販と処方薬の違い おすすめは?

布団に入り目を閉じても、いつまで経っても眠くならない。
様々な快眠法を試したけれど、一向に症状が改善されない。そんな方は、一度は睡眠薬の類を試してみようと考えると思います。

副作用のリスクがある睡眠薬の使用は、あまりおすすめはできません。しかし、仕事や生活の都合で、とにかく眠らなければいけないという差し迫った方も居るはずです。

睡眠薬

寝つきを良くする薬のおすすめは?

寝つきを良くする薬には、沢山の種類があります。
病院で処方される睡眠薬は、それこそほとんどが向精神薬に分類されています。効果が強い分、依存性や離脱症状など、それなりのリスクと引き換えに服用しなければいけません。

市販薬の効果に期待できるか

これに対して、ドラッグストや薬局で販売されている市販薬は、ほとんどの使用者の方が言うように「効果の得られにくい薬」です。
ドリエルネオデイと言った薬がこれに当たりますが、成分は風邪薬に含まれる、抗ヒスタミン剤と何ら変わりません。

あなたの寝つきの悪さが、比較的軽度のものであり、これまで一度も睡眠薬に頼った経験もないというのなら、まずは市販薬から試してみると良いでしょう。
軽度の症状なら、寝つきの悪さが意外とあっさり解消されるかもしれません。よほど間違った用法でもない限り、副作用の心配はほとんどありません。

ただし、抗ヒスタミン剤の市販薬は、2〜3日の短期間のみの連用に留めましょう。それ以上の連用は、副作用の危険性だけでなく、薬への耐性ができてしまい、全く効果を発揮しなくなるからです。

漢方にサプメント、あなたに合うものは?

漢方薬は不眠に効く?

上記の「薬」とは少し趣が異なりますが、根本的に不眠を治療したい。副作用の心配が要らない薬という点では、漢方やサプメントはおすすめです。

漢方薬に関しては、漢方についての知識がある病院なら、むしろ積極的に処方してくれるはずです。
内科や心療内科でも、漢方を処方してくれる病院はあります。薬の副作用に抵抗があるという方は、事前に漢方を処方してくれる病院を調べて受診することもおすすめです。
薬局やドラッグストアの漢方薬はおすすめできません。それぞれの症状に合った薬を服用して、始めて漢方の効果が期待できるのです。

根本治療という意味でも、安全性という意味でも、最近のサプメントは品質が向上しています。
特定のアミノ酸や、栄養成分を摂取することによって、体内時計が正常に保たれ、睡眠や寝起きの質が良くなるということは、科学的な実験においても明らかにされていることです。

生活習慣や規則正しいリズムによって、不眠を根本的に治療したいと考えている方は、サプメントを積極的に活用してみると良いでしょう。

睡眠サプリメント おすすめランキング

睡眠サプリのランキングへ