シフト勤務に睡眠薬は必要?不規則で眠れない時は

いくら職場環境が改善されるようになった昨今とは言っても、不規則な時間で働く勤務形態がなくなることはありません。
むしろ、時代の流れによって、様々な職種でシフト勤務・不規則な勤務時間で働かざるを得ない人は増えています。

シフト勤務

夜の時間に勤務せざるを得ないシフトの場合、当然睡眠時間がずれてしまい、睡眠不足や睡眠障害などに繋がります。

こうした状況の中、最近では幅広い年齢の方が、睡眠薬を服用して一時的に状況を凌ごうとします。しかし、あまり知識がない状態で睡眠薬を処方してもらい、これに頼ることは非常に危険性が高いことです。

また、場合によっては睡眠障害が悪化することさえあります。ご自身がしっかりと睡眠薬の使い方を理解しておく必要があるということは、言うまでもありません。

シフト勤務が不規則な場合、睡眠薬は必要?

私自身、病院で勤務していた経験があります。医療や介護の業界で働く方にとって、不規則な時間での勤務は当たり前です。
人の命を預かる仕事なのですから、提供するサービスの質を落とすことは絶対に許されません。その分、強いプレッシャーを感じることもよくあります。

中には、不規則な勤務が体調の悪化に繋がり、仕事自体を退職する人もいるほどです。
実は、睡眠障害(不眠症などの問題)は、精神のバランスを崩しやすいです。
不眠によって体調の悪化を訴える方がよくいますが、これは心の問題も大きく関わっていることがよくあります。

睡眠のリズムが精神に与える影響

睡眠薬

睡眠不足など、満足な睡眠がとれなければ、判断力や思考力が低下するということは、きっと多くの方がご存知でしょう。

しかし、より問題となるケースは、感情的に落ち込みやすくなったり、イライラを感じることが増えていくことです。
これは、睡眠不足や睡眠のリズムが乱れることによって、神経伝達物質の分泌が阻害されることも原因のひとつと考えられます。

うつ病の方に不眠症や睡眠のリズムが乱れている方が多いということは、統計的に見ても明らかですが、これは当然のことなのです。
中には、睡眠障害からうつ病を患う方がいるという事実を見逃してはいけません。

睡眠薬の服用には十分な注意を

最近は、内科のクリニックなどでも手軽に睡眠薬を処方してもらえるようになりました。私自身、医療機関に勤務していた経験がありますから、この点はよく把握しているつもりです。

中には、睡眠薬を処方してもらうためだけに何度も病院に足を運ぶ方もいます。
最近の睡眠薬は安全というイメージが根強いようですが、実際の現場ではそうとは言えません。

睡眠薬にどれほどの副作用があるか?語られない真実

特に安全性が高いと言われる睡眠薬に、短時間作用するタイプのものがあります。服用しても作用する時間が3〜4時間程度なので、次の日に残りにくいのです。
いわゆる「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」と呼ばれている睡眠薬ですが、これらは短期間の使用を前提に作られている睡眠薬です

短期間というのは、長くても2週間くらいの期間を意味します。それ以上の使用は、体内に依存常習性を形成してしまい、大変危険なものです。
こうした睡眠薬に関しては、日本の医薬品の中で最も乱用率の高い薬として、常に上位にランクインされている薬です。

睡眠薬というのは、もともと対処療法として用いられるはずの薬です。シフト勤務のように、睡眠のリズムが必ず乱れてしまう方の場合、どうしても睡眠薬を長期間使用することになってしまいがちです。

一時的に睡眠薬を処方してもらうことは、悪いことではありません。しかし、シフト勤務の睡眠障害も、ある程度は自分のリズムを作ることによって、対処はできるものです。詳しくは、以下の記事でも説明していますので、参考にされてみてください。

交代勤務で寝れない時、眠れる方法は?正しい睡眠のとり方

また、最近では睡眠のリズムを整えるためのサプリメントも販売されています。日本製のサプリメントは安全性が高く、睡眠の質を高める必要な栄養成分を効率良く摂取できます。

睡眠のサプリメント – 安全な製品は

睡眠サプリのランキングへ