睡眠薬に頼らない不眠の治療 – すぐに実践できる方法は

不眠症の原因となるものは、人によって様々です。
しかし、一般的には不眠の治療方法と言うと、どうしても睡眠薬を服用する方法ばかりに目が行きがちです。

不眠症はうつ病のような「精神状態」が原因で発症する場合も少なくありません。本人が知らないうちに、呼吸がうまくできず、睡眠が阻害されてしまう「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれる、睡眠を阻害する病気を発症している場合もあります。

こうした原因が背景にあっても、睡眠に関する深い知識がない病院の場合、とりあえず睡眠薬を処方してしまうという「対処療法(その場限りの治療)」が行われることも珍しくありません。

睡眠薬は、あくまで表面的には眠気を作り出すことができます。ただし、対処療法として眠ることはできても、結局は根本的な原因が治療できなければ、いつまでも睡眠薬を服用し続けなければいけません

睡眠薬による治療

睡眠薬は長く使用し続けるほどに、常習性(依存性)が強くなる薬です。そのため、ほとんどの睡眠薬は長期間(2週間以上)の連続使用は推奨されていません。

睡眠薬にどれほどの副作用があるか、語られない真実

あなたは表面的な方法ではなく、根本的な不眠の治療方法が実践できているでしょうか。

睡眠薬に頼らない不眠の治療法とは

具体的には、眠っている間の呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群のような例は稀かもしれません。しかし、近年ではストレスうつ病のような、精神的な症状に起因する不眠症は増加傾向にあります。

特に不眠症の場合、眠れないこと自体が大きなストレスとなり、余計に不眠を悪化させるということがよくあります。これを、精神性理性不眠症と言います。

精神生理性不眠症とは – 眠れないことが怖い

このような不眠症こそ、毎日睡眠薬に頼ることによって、余計に睡眠薬への依存性が高まる危険性が強くなります。
精神的に睡眠薬に頼ってしまう、精神依存が形成され、「睡眠薬がないと眠れない」という心理が強くなってしまうのです。

すぐに実践できる方法とは

精神的な要因が強い不眠症の場合、ストレスの元となる原因が取り除かれれば、意外なほどスムーズに眠りにつくことができる場合があります。
ポイントは、睡眠に入る前に深くリラックスした状態にあることです。眠りにつく2〜3時間前から、心身共にリラックスさせることだけに集中するのが望ましいです。

近年では、ハーブティーの一部に高いリラックス効果があるということも分かっています。半身浴やヨガの呼吸法なども、即効性が高いリラックス法の一つです。
これまでは注目されていませんでしたが、リラックスを促し、睡眠を深くするためのサプリメントなども販売されています。

睡眠サプリメント おすすめランキング【実力派・決定版!】

睡眠薬に頼る前に、いくつかの方法を組み合わせて、睡眠の質を高める工夫を是非実践してみてください。

睡眠サプリのランキングへ