市販でよく効く睡眠薬 – 早く効くのはどれ?

ベッドに入っても眠れなくて、気がつくと深夜を回ってしまっている。
考え事や不安、イライラが思い浮かび、どうしても眠れない。
こうした症状に悩む方は近年とても増えており、そうした方に向けた市販の薬(一般医薬品:OTC薬)や、サプリメントを見かけることも多くなりました。

市販薬

市販でよく効く睡眠薬は?

睡眠薬と書くと、多少語弊があるかもしれません。睡眠薬というのは、厳密に言えば病院でしか処方されない医薬品です。
睡眠薬は、気分を高揚させ精神状態に影響を与えることから、習慣性(依存性)のある薬として、薬事法により取扱いが厳しく制限されています。

では、薬局やドラッグストアで販売されている薬は、一体何なのかと思うかもしれません。例えば、有名な製品にドリエルネオデイと言ったものがあります。

ドリエル

写真:「ドリエル – エスエス製薬」

ネオデイ

写真:「ネオデイ – 大正製薬」

これらは、いずれも一般用医薬品(第2類医薬品)と言われており、病院で処方される睡眠薬とは根本的に成分が異なります。

簡潔に言ってしまえば、病院で処方される睡眠薬は、副作用(依存性)の危険性が少なからずある分、効き目は良いです。
中枢神経に直接影響を与え、興奮や不安を短時間で抑制し、麻酔をかけたかのように眠気が襲ってきます。

それに比べれば、上記のような、睡眠の質を改善する一般用医薬品(睡眠改善薬)は、風邪薬やアレルギー薬の「眠くなる成分」を応用したものなので、ほとんど効果を期待できません。

早く効く市販薬はある?

それでは、どのような市販薬(市販の睡眠改善薬)を使用しても効果は期待できないのかと言うと、そういうわけではありません。
むしろ、ひどい不眠の症状でなければ、上記のような市販薬やサプリメントの方が、副作用の心配なく使用できます。

どれが良く効くのかという話になると、一般医薬品である睡眠改善薬に使用されている成分、「ジフェンヒドラミン塩酸塩 」は、どのメーカーのものも変わりませんから、どれを購入しても大きな差はないはずです。
軽度の不眠の症状であれば、睡眠改善薬で、その日のうちに眠れるようになるはずです。

あえて選ぶ基準を考えるとするなら、有名なものほど金額が高いので、後発の少し価格が安くなった物でも十分なはずです。

しかし、不眠の症状(睡眠の質が低い状態)が、2週間以上も続いているようなら、市販の薬を使用することはお勧めできません。
恐らく、市販の薬ではほとんど効果を実感できないでしょうし、時には逆効果になることがあるためです。

根本的な不眠改善にお勧めなサプリメント

薬局などで、手軽に購入できる睡眠改善薬にも、デメリットはあります。金額が異様に高いという点もそのひとつです。
それから、睡眠改善薬の使用は、連続して2〜3日以上は推奨されていません。

連続して服用しても、根本的な症状の改善はできませんし、薬に対して耐性(抵抗)ができてしまい、効果がなくなるという事もあります。
いずれにしても、3日以上の服用は意味がないと言えるでしょう。

不眠症を、根本的に治したい場合は、薬ではなくサプリメントなどの自然な成分の物がおすすめです。
副作用はほとんどありませんし、長く続けることによって効果を発揮しやすくもなります。

このブログでも、お勧めのサプリメントをいくつか紹介していますので、参考にされてみてください。

【実力派】睡眠サプリメント おすすめランキング

睡眠サプリのランキングへ