眠れない原因 – ストレスの不眠に立ち向かうには

脳が興奮すれば、自律神経に影響を与え、覚醒(目覚め)してしまうことは避けられません。これが、ストレスによる不眠のメカニズムであり、根本にある原因です。
脳に入ってくる、あらゆるストレスとなる刺激は、眠れない原因となります。

裏返せば、不安や恐怖に繋がる感情に対抗するためには、眠りにつく前に極力リラックスすること、幸せを感じることがとても重要なのです。

根本はそうであると理解できたとしても、一体どのような方法でリラックスすれば良いのか?悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

このWebサイトでも、リラックスするための方法や、一時的に不眠を取り除くための具体例は、いくつか紹介してきました。
しかし、根本的なストレスの原因を取り除く方法を持続することが、一番効果的であることに変わりはありません。

リラックスした眠り

眠れない、ストレスに立ち向かうには

結局のところ、こうした問題に対して、一番簡単な対処方法は分かりきっています。それは、薬を使うことです。

最近では、病因に行けばすぐに「心に効く薬」を処方してくれます。
憂うつな気分を抑えるためのSSRI(抗うつ剤)や、精神安定剤。眠れない時のための睡眠薬も、多種多様な薬が揃っています。

しかし、もちろんお勧めはできません。安全性が増したと言われてはいますが、現実には依存症離脱症状など、無視できない落とし穴が待ち構えています。

睡眠薬にどれほどの副作用があるか、語られない真実

薬を根本的な治療の一環として、一時的に活用するのは良いでしょう。しかし、いつまでも睡眠薬で眠り続けるわけにはいきません。
いつまでも、ストレスを薬の効果で押さえ込んでしまうと、一体心はどうなってしまうのでしょうか。

不眠が、さらなるストレスを生み出す

不眠のストレスには、いくつかの特徴があります。それは、眠れないことが不安を助長し、余計に眠れなくなるという現象です。これは、精神生理性不眠と呼ばれています。

精神生理性不眠症とは – 眠れないことが怖い

本当は、ちょっとしたストレスのはずなのに、これに不眠症が加わると、とんでもなく大きなストレスに豹変してしまうのです。
睡眠時間が短くなると、その分感情が沈みがちになってしまうということは、様々な実験で明らかになっている事実です。

また、不眠が長期間に及ぶと、うつ病などの気分障害へと発展する確率も高まります。

ストレスに立ち向かうには

しかし、いずれにしても「簡単」で「分かりやすい」「すぐに効く」ストレスへの対処法はありません。ストレスというのは、人によって感じ方や、原因となるものが異なります。

私がうまくいった方法が、あなたにも効果があると良いのですが、そうではありません。

しかし、根本的に変わらない部分というのもあります。例えば、

  • 規則正しい朝方の生活。
  • 休みの日は朝から体を動かし、充実感を味わう。
  • 毎日必ず、2〜30分程度の適度な運動を心がける。
  • 健康的な食生活を意識する。
  • ネガティブな言葉、感情にいちいち反応しない。
  • ポジティブな感情を生み出し、そうした言葉に反応する。

などなど、やれることは沢山あります。

こうした習慣を馬鹿らしいと考えるか、やってみようと思い、実際に行動に移すのかは、本当に大きな違いです。
健康な生活を送り、健全な考えに従い始めると、本当に不思議なことに、自然と深い眠りに誘われ、不眠症も自然と治癒されていきます。

ただし、こうした方法は、自分の体に馴染むまでに時間がかかります。それに、自己を改革する難しさもあります。

それまでの間、あくまで一時的に睡眠薬の力を借りるというのは、決して悪いことではありません。
また、最近では副作用の全くない、自然の成分でできたサプリメントも販売されています。こうしたものを使いながら、根本治療を進めていくこともできるはずです。

睡眠サプリメント おすすめランキング

睡眠サプリのランキングへ